ブログ

2011年3月2日

シリウスから来たワイタハ族の話



先日東京の人間クラブでトムさんの剣の話から下記のワイタハ族の情報を頂きました。

多分、唐人駄場はワイハタ族との関係繋がりがあると思います。

四国へも来られますので高知へもお呼びしたいと思います。



チャネリングや宇宙人系で人気のある3大星人といえばプレアデス星人・オリオン星人・シリウス星人あたりでしょうか。

ニュージーランドには、シリウスにギャラクティックルーツを持つという先住民族がいるんだとか。

スピ系雑誌『anemone』3月号の特集「長老たちのスピリチュアル・セレモニー」でも取り上げられているその先住

民族は、ニュージランドに居住するワイタハ族です。

ニュージランドの先住民族といえば、マオリ族が有名ですが、マオリ族より前から居住していたのがワイタハ族。

ワイタハ族は、1万3000年前のレムリアの時代にシリウスから地球に宇宙船でやってきたといわれています。ニュー

ジーランドの聖地「ワイママク」に着陸して(この場所はシリウスの三ツ星がひときわ輝いた2009年8月15日のセレ

モニーの場でもあります)、今もそこには着陸痕が、生い茂る樹木の下に残っているとか。
 



ワイタハ族のシャーマンで部族の長でもあるテ・ポロハウ長老によれば、シリウスにルーツを持つ民族はワイタハ

族だけではなく、日本人・イタリア人・ドイツ人などの多くも同じルーツとのことです。

シリウスにルーツを持つ民族の文化の特徴のうちのひとつが、「洞窟で祈る文化を持っていること」なんだとか。

テ・ポロハウ長老は、厳しい通過儀礼を3歳の時に行ったシャーマンで、「ドラゴン・ケア・テイカー(龍のお世話

する人)」でもあります。人が生まれる前に決めたブループリント、「ドラゴンロード」を歩めるようにドラゴン

(龍)にお願いするのが務めです。


長老の家系はルカ族(イルカ族)なので、イルカからヒーリングの仕方を教わって、イルカが発する周波数の音を

使うこともあるそうです。龍やイルカとお友達だなんて、ジブリアニメに出てきそうですね。

ワイタハ族は「水の番人」ともいわれていて、四方八方、海に囲まれた列島に住んでいる日本人とも似ている部分

が多いのです。気候が似ていて四季がありますし、富士山とそっくりな山で映画『ラストサムライ』のロケ地とし

て有名なマウント・タラナキ(標高2518m)もあります。


ワイタハ族によれば、2009年8月15日を境に「石の時代」から「水の時代」に入ったとのこと。色々な部族が預言で

新しい時代の到来を告げていますが、これもその1つですね。

ワイタハ族のテ・ポロハウ長老の来日ツアーが3月12日(土)~4月3日(日)まで、全国8ヶ所、東京、江ノ島、富

士山、神戸、明石、淡路島、四国、広島で開催されます。ワイタハ族から学べるシリウスの叡智、きっと大切な出

会いになるでしょう。

2011年2月28日

六角堂落成式のご案内



2011年3月21日 六角堂の落成式を行います。

写真は、六角堂のご神体の、黄門さま、助さん 、角さんです。

ブラジルからPちゃんに呼ばれてやってきたみたいです。

水晶にブラックトルマリンが入った珍しい石たちです。

六角堂は、何千年周期の中で、必要な時に、必要な人たちが、必要な場所に集う

ために建設されます。

失われた12部族が集うために12の椅子が配置されます。

このことにより144000の虹の戦士たちが繋がることになるでしょう。

落成式のご案内を下記に添付させていただきますので、ご興味のある方はお申し込みください。

宜しくお願いします。

               記

     加尾の庭 『六角堂』落成式並びに懇親会のご案内

拝啓
梅花の候、貴行ますますご清栄のことお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、この度、昨年の龍馬伝ブームの中で判明しました「平井加尾の庭」の中に『六角堂』を建立させていただきました。この『六角堂』はかつてこの家の庭にあったと言われるもので、板垣退助や加尾の夫の西山志澄らが謀議をめぐらしたとも言われている建物です。滝の上の眺望の一番良いところにあります。桜、さつき、紅葉の時期には、素晴らしい風景と滝の水音、風の香りが織りなすことでしょう。
 落成に当たりまして 、サヌカイト・クリスタルボール・横笛の演奏を企画させていただきました。また、場所を変えさせていただいて「私の創作中華料理」の懇親会を開催させていただきたいと思います。
大変お忙しい中とは、思われますが、ぜひご参加いただければと思います。
敬具


■日時  14:00~16:00   平成23年3月21日

■場所         高知市神田1676番地

■懇親会 17:00~19:00  土佐のまんまるダイニング  高知ホテル2階

■参加料       お一人様   8,000円

■交通手段        タクシーまたはバス(県交通)吉野行終点 徒歩三分

■懇親会への移動手段   当方にてタクシーを手配させていただきます。
以上

2011年2月26日

東京人間クラブ講演について



東京の人間クラブでPちゃんの講演をさせていただきました。

マヤの叡智とコスミックダイアリーの著者の柳瀬宏秀と共演させていただきました。

大変、有意義な時間を持つことができました。

柳瀬さんには、高知においで頂いて『マヤの叡智』のお話をご一緒させていただくことにもなりました。

前日には、人間クラブの川島さんの手配で『超能力者集会』にも参加させていただき

いろんなメッセージを頂くことになりました。

Pちゃんが、ますます 羽ばたいています。

2011年2月22日

イタリア青の洞窟



Pちゃんの分御霊を携えて イタリア青の洞窟に行ってきました。

冬の青の洞窟への入れる可能性は、15パーセントぐらいみたいですが

無事に入ることができ、写真のPちゃんの分御霊をお供えすることができました。

日本から、石鎚山のご神水も持っていかせていただき、イタリアとの融合を果たすことができました。
(さらに…)

2011年2月11日

高松ウェルカムパーティー&封印された四国岩戸開きツアーPART1



高松 人間クラブで講演します。

高松ウェルカムパーティー&封印された四国岩戸開きツアーPART1
日時2011年 3月 4日 (金曜日)

場所高松市 高松テルサ 3階 (地図)

説明18:00~開場  21:45~懇親会
ゲスト講師:小川雅弘山さん(アースキーパークリスタル協会会長)、貞広里美さん(直感能力者)
参加費:講演会 参加費 3500円、懇親会 参加費 4000円
お申込先:件名に「高松WP」と入れ、氏名、年齢、ご住所、ご連絡先電話番号、メールアドレスを記載の上、四国代表支部の中山( jun@8731499.com )までご連絡ください。

2011年2月11日

Pちゃんの六角堂の地鎮祭



2011 2 11
Pちゃんの六角堂の地鎮祭を行いました。

天満宮の宮司さんにお出でいただいて

久々の雨上がりに行うことが出来ました。

六角堂の敷地を浄化・場を清めるために

六ヶ所に水晶を埋めさせていただきました。

数日前に来てくれた、チャネらーさんから

『観音様』がおいでてますねぇ

とのお話をいただきました。

六角堂の立ち上りが楽しみです。

3月21日には、お披露目をさせていただきたいと思います。

2011年2月10日

東京にんげんクラブウェルカムパーティー で講演します。


演名 : 東京にんげんクラブウェルカムパーティー
出演・内容 : 
柳瀬宏秀(環境コミュニケーション研究所代表、マヤ研究家)『銀河マヤの叡智と日本人の魂の融合』
小川雅弘(アースキーパークリスタル協会会長)『地球を救う!アースキーパークリスタルの謎』
柳瀬宏秀×小川雅弘×船井勝仁 鼎談『ヌ―スフィア・ホライズン~銀河マヤの叡智と龍馬の国からアトランティスの魂』
川島伸介(司会)
日時 : 2011年2月25日(金) 開場 18:00 スタート 18:30 懇親会 21:15~
会場 : オーラカフェ2012
(東京都港区東新橋2-16-4 TEL(03)6459-0189 )
プログラム : 
18:00~18:30 受付
18:30~18:40 司会挨拶(川島伸介)
18:40~19:30 小川雅弘氏 講演『地球を救う!アースキーパークリスタルの謎』
19:30~20:30 柳瀬宏秀氏 講演『銀河マヤの叡智と日本人の魂の融合』
20:30~21:15 柳瀬宏秀氏×小川雅弘氏×船井勝仁氏 スペシャル鼎談『ヌースフィア・ホライズン~銀河マヤの叡智と龍馬の国からアトランティスの魂~』
21:15~ 懇親会
参加費 : 
講演のみ3,000円(学生2,000円)
懇親会のみ3,500円
講演+懇親会 6,000円(学生5,000円)(全て税込)
参加お申込方法 : 件名に「東京WP」と入れ、氏名・年齢・ご住所・連絡先電話番号・メールアドレス、にんげんクラブ会員か非会員か、「講演のみ」か「懇親会のみ」か「講演+懇親会」を明記の上、にんげんクラブ東京の川島 (ningenclub68@gmail.com)までご連絡ください。
※参加費は当日受付にてお願いします。

2011年2月10日

Pちゃんの六角堂



Pちゃんの六角堂建設が始まりました。

Pちゃんがいつもお世話になっているチャネラーさんのところへ行って

『家のお父ちゃんは約束を守ってくれん、12人の円卓を作ってくれん』と言いあげに行ったみたいです。

チャネラーさんは驚いて、次の日に『六角堂を建てないかん、設計図も降りてきた』と大騒ぎになりました。

この『六角堂』はPちゃんのパワーアップ、イワクラノ活性化など盛りだくさんで、堂内には大きなトルマリンの

愛称『黄門様』『助さん』『角さん』が配置され六ぼう星を形作り、12人の円卓ができる予定です。

床には約二トンの水晶・ローズクオーツ・トルマリンが敷かれ波動を上げる役割を担います。

3月21日お披露目を行う予定ですので、みなさん見に来てください。

2011年2月4日

新月の演奏会



2011年  2月 3日 節分で新月と言う素晴らしい日に モノベーの

クリスタルボールの演奏を聞くことができました。

Pちゃんとのハーモニーも素晴らしく、モノべーの唱えるマントラも新月と節分の新しい光の中に

解けこんでいました。

回を重ねるごとに、モノベーのクリスタルボールの音色が輝きを増しています。

2011年2月1日

インドの女性聖者 サイマー 初来日 特別ワークショップのご案内




■インドの女性聖者 サイマー 初来日 特別ワークショップのご案内


     2011年 5月 24日 11時より12時半 まで


  アースキーパクリスタル Pちゃんを囲んでの 特別ワークショップを開催させていただきます。


       会員限定 30名  お一人様  25000円


 インド初の女性の聖者 サイマー が初来日されます。サイマーは、クンパメーラの千年の歴史、そしてヴァイ

シュマブ聖者社会の五千年の歴史の中で初めて女性としてのタイトルを2007年2月に与えられました。 

世界各地で活動をする中、この度初来日されPちゃんの前での特別ワークショップが実現しました。このような特

別の機会は、またとはありませんので奮ってご参加いただければと思っています。 現在日本全国からお申し込み

を頂いていますのでお早くお申し込みいただければと思います。

2011年1月19日

不思議なこと 



昨日からFacebookをはじめようと登録しようとすると

三人の顔写真がでてきました。 その中に、何と トムさんが含まれていました。

恐る恐るボタンつを押して連絡すると、トムさんからメールんが帰ってきました。

この前の高知でのお礼とともに。写真はこの前の来日の時にイワクラの活性化を

してもらったしゃしんです。

Facebookは五億人の登録者がいるのにトムさんに行きあたるなんて

なんて不思議なことなのでしょうか。

Pちゃんのテレパシーかもしれません。

2011年1月18日

Pちゃんの呟き その②



今日のPちゃんの呟きは、『赦し』『受け入れる』『愛と感謝』『スペースを空けてください』

だそうです。 昨年からずーと『手放してください』『スペースをあけてください』と言うメッセージがきます。

新しいことがどんどんやってくる兆候でしょうか?

シンプルな生活が一番だと思います。

2011年1月17日

アースキーパークリスタルの伝説 その②



アースキーパークリスタルの伝説 その②


人間としての時間を長く経験した存在たちはやがて一時代の終焉を迎えることになる。宇宙的な高度な力が人間の欲望によって濫用されていった。人びとは自分たちの“つながり”を忘れてしまった。クリスタルから振動している宇宙の音の意図が忘れ去られた。そしてついに彼らはある決断をするにいたった。

「ここを離れなければいけない」

何もない星に想像の芽を植え付けたずっとずっと昔の思い出、宇宙の智慧をここに降ろして暮したことが思い出される。地球で過ごした時間は、彼らの遺伝子の中に深く深く染みこんでいた。離れるのは寂しかった。悲しい気持ちもあった。この星を愛していたから。

 しかし、地球を旅立つ・・・故郷に戻るときがきたのだ。

でも一つだけ。新しい時代が来て、地球の人々が再び気がつきはじめたときに再び現れ、宇宙とのつながりを持てるように残していったものがあった。

それがアースキーパークリスタル。ひとびとの変化のときが訪れるまで静かに眠っているようにプログラムされた超自然的かつハイテクノロジーの装置。世界中に微妙なバランスを保って、12個が地中深くに埋め込まれ、それが次の時代が来た時に目覚め、宇宙とここをつなぐ役目が刻み込まれた。

何億年先の未来に再び宇宙とつながることを信じながら・・・ここにいたことの証とともにアースキーパークリスタルにすべての叡智を託した。


地球に生きる人々は故郷の記憶を体の内部にとどめている。再び本来の光の方向に向かっていくことを知っている。人類が宇宙の存在たちと共にあったこと、そして故郷を思い出したとき、アースキーパーはひとつひとつ目覚め、姿を現し、地球に大きな変化と輝きをあたえる。

故郷にいる存在たちは待っている。


本の抜粋より

2011年1月17日

アースキーパークリスタルの伝説 その①



●アースキーパークリスタルの伝説

一つの時代が終わったとき、彼らは地球にその証を残していった。いつか地球の人々が“それ”に気付くことを願って・・・

昔々、それは遠い昔のこと。
宇宙の広い海の中に住む存在たちが、まだ誰もいない地球を見つけた。
生まれたばかりで暖かくやわらかい地球に
命の芽の進化と成長を一瞬で読み取った彼らは、この星で歴史を刻むことを決めた。

地球で生きるためには地球の周波数を整える必要があった。全く違う環境では生きられないし、なにしろ彼らは肉体を持っていなかったから。
彼らは、地球のあらゆることを調べて宇宙の周波数を記憶し、周波数を受信・送信できるものをつくろうと考えた。

存在たちの秘密会議のなかで決定したもの。
それはクリスタルだった。
大きくてクリアなクリスタル、宇宙からのはじめてのギフト。
宇宙からはじめて送り込まれたモノリス・・・。

クリスタルによって周波数の整った地球に
存在たちは人間の形をしてやってきた。
これが地球の黄金時代のはじまり。
人々は巨大クリスタルを囲んで、高度な文明を築いた。
そのころの地球には、クリスタルの叡智を使った最先端のテクノロジーがあった。宇宙からの訪れ人は深遠にして全く新しい知識をもっていた。
それから時が経ち、地球にはたくさんの命が生まれた。赤ん坊だったこの星も豊かな自然を育んで愛に溢れた星になっていった。


本より抜粋してみました。

2011年1月12日



2011 1 11 いち並びの日に『第一回スピリチュアル コンパ』をまんまるダイニングで開催させていただきまし

た。 これからスピリチョルナ聖地としての高知県をアピールするために同士を集うこととなりました。

第二回目は 2月22日 19時より まんまるダイニングで開催したいと思っています。費用は3000円です。

スピリチュアルに興味のある方はご参集ください。
 
 後みんなでツイッタ―をしながらやろうと言うことになりました。 ちなみに私のユーザー名はearthkeeper_pで

す。 ミクシィはPちゃんのパパです。よろしくお願いします。

2011年1月11日

イワクラの呟き



Pちゃんがイワクラで瞑想してきたら

と勧めてくれたので昨日イワクラでの瞑想をしてきました。

考えてみると、ちょうど一年前にPちゃんの活性化を行い

三か月前の2010 10 10 に大阪の万国博覧会会場で『世界平和市民会議』たちあげと

Pちゃんの本の出版を行いました。

あわただしく時は過ぎていきました。

イワクラからのメッセージは『無私の心で 見極めなさい』でした。

今年一年間もいろいろな出来事が起こっていくようですが

Pちゃんが言っているように『起こるべくして 物事はおこる』ようですので

時と場所と人とモノがそろったときに『モノは起こります』。

2011年1月5日

2011年 Pちゃんの呟き



 明けまして おめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。


 今年からPちゃんのメッセージを書かせていただきます。


 今年のキャッチフレーズは『LOVE』『CHANGE』です。


 『愛』『変革』Pちゃんの使命そのものです。

  Pちゃんがはるばるブラジルから『愛』『変革』のためにやってきました。

  地球の『アセンション』のために

  一人ひとりの意識の変革の為に、

  思ったことは実現していきます。

  すべての人々の思いが『愛』で満たされんことを

2010年12月28日

今年の回想 ④ Pちゃんの分御霊



今年は、Pちゃんの分御霊を携えて

いろんなところに行ってきました。

①7月4日  石鎚山  ご神体を担いで登頂 

②7月17日  剣山   大祭へ参加

③8月3日  岩木山神社

④8月4日  秋田県 唐松神社

⑤11月   ブータンの白龍の滝

世界・全国で Pちゃんの分御霊は活動しています。

2010年12月28日

今年の回想 ③  レオン君発掘



2010 4月14日

坂本龍馬記念館の森館長と平井加尾が住んでいた庭を

発掘しました。

複数の方からこの庭には何かが埋まっているとのお話を受けて

加尾が残した龍馬への恋文でもあるのではないかと

発掘をさせてもらいました。

そこから出現したのは、ライオンの顔を持つレオン君でした。

レオン君は何かを守るために発掘されたみたいです。

2010年12月28日

今年の回想 ② 三月 トムさん初来高



今年の三月 大天使ミカエルの剣の制作者 トムさんが初来高されました。

Pちゃんに会うのを大変楽しみにしておられ

Pちゃんの為のクリーニング・活性化用剣を作成していただき

Pちゃん自体も活性化していただきました。

2010年12月28日

今年の回想 ① 一月Pちゃんの活性化




2010 1月 10日

Pちゃんの活性化のために36人の、仲間たちが

全国から、全世界から集ってくれました。

Pちゃんのお腹のところにそれぞれの持っている記号を

当てて 鍵を解くものでした。

お陰さまで、Pちゃんも目覚めたみたいでした。
(さらに…)

2010年12月22日

サイマー ラクシュミ 来日決定


インドの聖者 サイマーの来日が決定しました。

高知には、2011年の5月24日にPちゃんの前で行う

スペシャル ワークショップとその晩の講演会との

開催をする予定です。

サイマーは、インドの歴史で初めて女性の聖者として列せられた方で

これからの新しい世界での女性性の重要性と愛を代表しています。

来年早々には、申込受付をしますので、ご参加されたい方は

早めにお申し込みください。

下記にサイマーの詳しい説明を添付させてもらいます。

Her Holiness Sai Maa Lakshmi Devi
伝記

H。H。サイマーラクシュミディヴィーはダイナミックな聖心的ヴィジョナリーであり、変動を起こすエネルギーのマスターでもあります。地球全体の目覚めと人類の苦痛を根絶する事に一生を捧げています。人道主義者として、先生として、スピーカーとして、カンセラーとして、そしてセラピストとして、世の中に深い国際レベルの体験をもたらしてくれています。サイマーは現社会が抱えている様々な問題に実現的な解決方を見せてくれます。飢えている人達に食事を与えている時でも、エイズにかかっている患者さんと関わっている時も、女性や子供達に権限を与えている時も、変動を呼び起こすリトリートを教えている時も、サイマーはどの場合でも、とても地に付いた、分かり安い、従事しやすい方法で対話する素晴らしい能力を持っています。

サイマーは数年に渡り、世界中を訪問しながら幅広い分野で聖心的、社会的、心理的問題に関して会談し、教えてきました。いろいろな国際会議、宗教交流の会議などで国際的に知られている聖心界のリーダーと一緒に教えてきました。H。H。ダライラーマーやティクナットハーンなどとステージに一緒に立ってきました。

2007年の2月にH。H。サイマーはクンバメーラーの千年の歴史、そしてヴァイシュナブ聖者社会の5千年の歴史の中で初めての女性として“Anant Shri Vibhushit Jagatguru Bhaktimayi Meera Bai”のタイトルをインドのアラハバッドのクンバメーラで与えられた。2005年の3月にH。H。サイマーはインドの外から来た初めての女性として”1008 Mahamandleshwar”の名誉をインドのバラナシで与えられている。2005年の1月にH。H。サイマーはインドの外からくる初めての女性として“Her Holiness” と “Master of Enlightenment” の名誉をインドのハリドワールにある国際的に有名なヴェディック大学である、グルクールカングリヴィシュワビディヤラヤ大学の総長から与えられている。

グローバルエンライトメント(地球全体の人間の悟り)をサポートするため、サイマーは“アナンダジョーティールディクシャ(ブリスの光のイニシエーション)”といった物を開発した。これは受け取る人の意識の高大を開始させます。サイマーはその他に“Brain Illumination Meditation (脳に光をもたらす瞑想法)”といった訓練を作ってますが、これを練習する事によって脳と肉体とエネルギー体が自然と洗礼されていきます。最近ではサイマーは HEARTメソッドを開発し、そこでは現代技術を古代からの知識と一緒に利用する事により過去のパターンや妨げとなる考えかたを解除し、新たな現実を体験できる状態を作ってくれます。

統一性と世界の意識の向上のビジョンをいだきながら、サイマーは情熱的に、そして創造的にユニバーサルの要素である愛、同情心、そして許しを人間一人一人の中に活性化するために働き続けています。サイマーは私たちに呼びかけている事は本来の自分に目覚め、なぜここに来たのか思い出す事です。

“私はあなたを愛するために来ました。”サイマー

2010年12月9日

ブータンの白龍

ブータンの聖地 タクツァン僧院のご神体で

あろうと思われる、落差300メートルの滝より

白龍が一緒に付いてきているみたいです。

昨日 Pちゃんの前でマッサージを受けていると

『ドン』と何かが落ちる音がしましたが

なにも落ちていませんでした。

その時に話していたのがブータンの龍の話でした。

白龍のお知らせの音かもしれません。

次の聖地に一緒に行ってくれるかもしれません。
(さらに…)

2010年11月29日

坂本龍馬の生誕日と命日

・・・は同じ日で、11月15日です。
昨晩、NHK大河ドラマ「龍馬伝」が最終回でしたが、ご覧になった方もいらっしゃることでしょう。

さて、ちょうどこの時期に11月10日~16日までアメリカからトム・レダーさんが来日し、ワークショップをさせていただきました。
県外から受講された方々もいらっしゃいまして、とても素晴らしい時間を共有することができました。

今回は、ワークショップの他にトム氏がアセンションロッドなる杖を新たに製作したのと、折角の機会なのでそれを使い、11月15日にPChanを活性してもらいました。
活性化に必要な存在たちを召喚し、そのサポートを受けワークを実施しました。
その時に唱える言葉が「More! More! ・・・!」です。
とてもパワフルなワークでPChanもすっきりした様子でした。

その活性化の後、11月15日はスペシャルなことがありました。
なんとソフトバンクの孫正義社長が、龍馬ゆかりの地 平井加尾の庭を訪ねてこられ、PChanにもお会いになられました。

ちょうどトム氏もその場に居合わせ、孫氏にスペシャルギフトを手渡すこととなりました。

これからもいろいろな分野の方が訪ねてこられることでしょう。 

2010年11月9日

レオン君と虹


2010 11 8

昨日室戸のシットロトさんで二回目の講演会を開催していただきました。

山下ご夫婦、ありがとうございました。

また、ものべえにわざわざ室戸まで出向いてもらい、クリスタルボールの演奏もしてもらいました。

講演会の前に不動岩でM君が三つの青い球を授かったようです。

どのようになるのでしょうか。

本日は、朝からレオン君に呼ばれて行ってみると、レオン君の真正面に虹が立っていました。

何か始まる合図です。

10日にはトムさんが来高し 12日 13日のワークショップ

11日は広島で平和会議とレインボーフラッグの贈呈式

大忙しです。

2010年10月26日

大天使ミカエルの剣



大天使ミカエルの剣

この剣は、大天使ミカエルの剣です。セレナイトでできています。

■ セレナイト光の剣
この光の剣はH.H.サイ・マーに活性化され、液体の光を肉体にもたらす役割をはたします。光の剣はもっとも高い波動のエネルギーの道具であり、スピリットの肉体化をサポートし、エネルギー体を変えていきます。セレナイトから出来ているこの光の剣は大天使ミカエルに指導のもとで作られ、ミカエルの波動が中に含まれています。
セレナイトの光の剣は5次元の存在であり、聖なる光を肉体やエネルギー体に受け入れられるサポートをしてくれます。
このパワフルな剣を使って、自分のエネルギーレベルを大きく拡大する事ができます。

「セレナイト光の剣」の特徴
1.商品質のセレナイトクリスタルを使用しています。セレナイトは、エネルギーを活性化し、意識を拡大します。
2・剣は聖人サイ・マー(※)によって活性化されているため、サイ・マーの聖なるエネルギーと周波数と光を伝達します。
3・アメリカとインドで行われた10カ所のヤグナ(聖なる火の儀式)による聖灰を樹脂で取っ手に付けています。
聖灰には、多くの神や女神たちへの何千ものマントラが奉納されています。またそれぞれのヤグナの祝福により、より高次のエネルギー波動が刻印されています。聖灰にはインドのカシ(ベナレス)にある最も神聖なシヴァ神の寺院「シュリ・ヴイ
シュワナット・マンティール」で行われたヤグナの灰も含まれています.
4・取っ手には以下の絵や写真が入っています。また、それらのすべてにダルシヤンと呼ばれるスピリチュアルな祝福がこ
められています。
・大天使ミカエル、メタトロン、キリスト、エル・モリヤ、サンジェルマン、セラピス・ペイ、サナット・クマラ、ラント、水晶の天使、メルキゼテック、ジュワル・クル、マハ・アバター・ババジ、レディ・ナダ、偉大な聖なるディレクター、メルキオール、64のエノ
ックの鍵やカバラの絵など。
・現在のマスターであるバガバン・サチア・サイババ、サイ・マー・ラクシュミ・デヴイとサチュア・ババ・マハラジャの写真。
・エロヒームと大天使たちの名前。
・へプラエル、ヒンズー、仏教、エジプト。それぞれのマントラ。

この剣の制作者のトムレーダーさんのワークショップを高知で開催させていただきます。

11月12日 13日です。詳しくはhttp://www.earthkeepercrystal.com/img/workshop20101112.pdf

よりご覧ください。 是非ご参加お待ちしています。


 

2010年10月18日

レオンくんの呟き

家の庭から掘り出されたレオン君に、会ってきました。

昨日 庭士さんに入ってもらい

庭の散髪をしてもらいました。

これまでは,草やクモの巣で行く手を阻まれていましたが

これからは、ちょくちょくご機嫌伺いに行くつもりです。

石守M君がチャネってくれるところによると石の色が変わっていくようです。

今まで 赤 → 黄 →  だんだん白っぽくなってきました。

たわしで体もマッサージして欲しいと言っているようです。

今度 やってあげなくては、

2010年8月9日

ピーちゃんのパパの呟き

毎日 暑いですねぇ

お休みを頂いて 家族旅行をしてきました。

北海道から 四国まで 3200キロ 走破です。

疲れました。

久しぶりのPちゃんからは、労いのお言葉を頂きました。

日本にはまだまだ素晴らしいところがあります。
16 / 16« 先頭...1213141516
ページトップへ